青龍山西永寺

 
清龍山西永寺
 

清龍山西永寺
 

善信(ぜんしん)善信(ぜんしん)真菩薩(しんぼさつ)

この言葉は、浄土真宗の開祖である親鸞聖人が比叡山での修学の日々の中で19歳のとき夢告を受けた言葉だとされています。(「健長二年文書」高田専修寺蔵)

その後、親鸞聖人はさまざまな法難を受けて各地を転々としますが、生涯ひとつの地に留まることはありませんでした。

宗教者として民衆にかえる、大悲に生きる、そして愚者になって、無碍の道、仏の道を歩んだ親鸞聖人。その生き方は現代にあっても、いや現代にあるからこそ、時空を超えて尊敬を集めているといっていいでしょう。

当寺、青龍山西永寺は、親鸞聖人の教えを「全てに恨みなく、敵意なく、ただ慈しみのみを注ぐ」教えと捉え、日々の活動に精進しています。

 
Copyright © 小布施霊園 All Rights Reserved.